どちらを立てる?初節句の鯉のぼりや兜は誰が買う?ルールはあるの?

兜と鯉のぼり誰が買う

男の子が誕生して、おめでたい初節句ですが、夫と妻とどちらの両親も初孫と言うことで兜や鯉のぼりを買いたいみたい…。

貰う方はどちらも嬉しいけれど、あちらを立てればこちらが立たずで、ちょっと悩んじゃ合いますよね?

どちらが正解などと言う昔からのルールはあるのかしら?どうやら所説いろいろあり、どれが本当の正解というものはないようです。

それでは「じゃあどうすればいいの?」と困ってしまいますね(-_-;)その辺は詳しく調べてみましたので、それを参考に考えてみて下さいね。

スポンサーリンク

男の子の初節句兜や鯉のぼりは誰が買うのが正解か

兜

赤ちゃんの健やかな成長を願う初節句。

初節句という行事は古くからあるということで、地域独特の風習がある場合もありますので、どちらかに合わせるかという考えもあります。

鯉のぼりや兜は後継ぎが誕生したということで、男親の家が用意したという説や、兜や鯉のぼりは嫁入りどうという意味で考え、女親の両親が用意するという考えもあるようです。

どちらも立てるという点では、最近では両方の両親に共同で買ってもらうという方法もあります。

あるいは、親ではなくお父さんとお母さんで二人で相談して買うということで、収まるということもありではないでしょうか?

いづれにしても、こういう風習は本当の正解というものはなくて、お父さんお母さんの考え方ひということです。

どちらの両親とも事前に話し合い、お父さんとお母さんの意見や考え方をちゃんと伝えることが大事です。

かわいい孫のお祝い事じゃないですか、余程のことがない限り、どちらの両親もきっと分かってくれると思いますよ。

スポンサーリンク

鯉のぼりや兜などを飾る理由

鯉のぼり

鯉のぼりは古代中国で「登竜門伝説」というものがあって「登竜門伝説」というのは、鯉が滝を登り天に至って龍になるということです。

そのようなこともあって古くから鯉は、出世の象徴で、男の子が堂々と健やかに育ち、立身出世することを願い、飾るようになったということです。

兜を飾る(甲冑や武者人形なども含め)のは「立派に成長する」「厄から男の子守る」という願いが込められていて、兜や甲冑は災厄を退けて、強く立派に育ってほしいというメッセージがあります。

兜はいつ飾る?

4月上旬から、遅くても1、2週間前から飾るようにして一夜飾りは必ず避けるようにして下さい。

鯉のぼりの場合は?

特に決まりはありませんが、目安とするならば3月の春分の日をすんだくらいから、4月の中旬くらいまでの晴れた日に出すのが一般的で、遅くても1週間前には出したいですね。

最後に

誰が買うとか買わないとかというよりも、一生に一度の初節句ですから、どちらの両親ともども家族みんなで、子供の健やかな成長を願ってお祝いすることが大事なのではないでしょうか。